トップ / 歯科の種類と選び方に関して

歯科の種類と選び方に関して

歯科の選び方を学ぶ

金属アレルギー

一般歯科と口腔外科の違い

歯医者さんを選ぶ時に一般歯科だけを扱っている所と、口腔外科も扱っている所のどちらを選べば良いのでしょうか。一般的な歯医者さんと口腔外科の違いは、一般的な歯医者さんでは虫歯治療や歯周病治療を主体にしているのに対して、口腔外科は歯をはじめとした口腔内と顎骨などの外科的処置に加えて、口腔内の内科的な疾患も診察する分野だということです。例えば、親知らずの抜歯は一般歯科でも可能ですが、歯ぐきを切開する必要があるなどの難しい状態の親知らずの抜歯なら、口腔外科の方が長けているといった違いがあります。口腔外科では他にも交通事故などで受けた外傷の治療や顎変形症、口腔粘膜疾患、口臭症など専門的な分野を扱っているので、これらの診察を受けたいなら口腔外科を標榜している歯医者さんを選ぶのがおすすめです。

歯医者によっての治療の違い

複数の歯の検診に行った場合にはどのような違いがあるのでしょうか。いろいろな歯科医院での治療方針、診察の違いを感じることになるでしょう。たとえば、ある医院では虫歯がありセラミックまたは銀歯を埋めなくてはいけないという、別の医院ではちょっと削ってプラスチックで埋めればいいと言われるなど。ずいぶんと治療方針に違いがあるものだと思いますが、よく聞いてみると、抜歯までの時間をどれくらい引き延ばせるかだということもあるようです。80歳で20本自分の歯を、といわれている場合もあります。これは、歯の健康が食事ひいては健康につながるからです。歯科治療においても十分に、説明を聞いて、治療金額や予後を十分に考慮して治療を選ぶ時代が来ています。

↑PAGE TOP