トップ / 歯科治療で起こり得る問題

歯科治療で起こり得る問題

歯科治療でアレルギー

金属アレルギー

歯科治療で用いられる金属

歯科の治療で用いられる金属に対してアレルギーを起こす事があり、問題になっています。アレルギーは金属その物に対して起こる場合や、アンテナ代わりになって電磁波によるもの、溶け出した有害毒素によるものがあります。症状にはアトピー性皮膚炎や頭痛、肩こりなどがあります。詰め物に良く使用される金銀パラジウム合金や、歯列矯正時のワイヤーなどに含まれるニッケルやクロムなどは、アレルギーが起こりやすい素材になります。インプラントのチタンや詰め物に使用される金合金などはアレルギーが起こりにくいですが、稀に見られます。不安がある人は、治療前に歯科で相談する事をお勧めします。

金属アレルギーについて

歯科医を受診するうえで、最近増えているケースが金属アレルギーです。ある金属が肌に触れることで症状を発症するのが大きな特徴です・つまり口の中に装着している義歯や詰め物、あるいは、歯医者で使う器具が原因で顔や全身にアレルギーを起こすことがあるので注意が必要です。この症状がある人は、街にある普通の歯医者を受診することは困難になります。しかし、近年では、研究や臨床実験により、技術が向上しています。まずは、行こうとする歯科医に相談をすべきです。その歯医者が対応をしてくれるかということが重要です。そのため、このアレルギーに対応した医院も増えてきています。

↑PAGE TOP